ドラッグストアの薬剤師求人に応募して働き始めた話

ドラッグストアの仕事は覚えることが満載!

住居つきの求人も!薬剤師専門求人サイト薬剤師としてランクアップ!認定薬剤師・専門薬剤師のメリットと活かし方

身体に合わない夜勤の仕事ドラッグストアの仕事は覚えることが満載!意外と働きやすいドラッグストア

その後は、世界経済や日本の政治の話が出たので、差し障りのない返答をしておきました。
面接終了後、家に戻って部屋で漫画本を読みながらくつろいでいると、電話が来たので出てみると先程の面接官の声でした。
採用しますので、明日の朝9時までにはドラッグストア前に来て下さいと言うので、わかりましたよろしくお願いしますと応じました。
両親にも教えると、よくやったと大きな声で祝ってくれたのですごく嬉しかったです。
少し早めにドラッグストア前に行ってみると、面接官が早いですねと笑顔で声をかけてくれました。
朝の挨拶を済ませると、周囲に店員達が口々に挨拶をしながら集まってきました。
全員集まったと判断したのか、面接官は自己紹介をした後にここの店長をしていますと言ったので驚きました。
結構経験が豊富な人で、頭がすごく切れるとパートのレジ打ちの人が後で教えてくれました。
その後、私は自己紹介をして前職の時のエピソードを少し紹介すると、笑い出す人が続出しました。
ただ、店長が咳をしたせいか、静まってしまいました。
店長は扉を開けて私を中に入れると、職場となる薬が沢山置かれている所へ連れて行ってくれました。
私が行う仕事の内容は、お客への薬の販売及びその説明、処方箋を持参してきたお客への対応、そして手が空いている時はレジ打ちをして下さいと言っていました。
商品の配列場所も頭に入れて下さいと言うので、大変な仕事だなと言いたくなりました。