ドラッグストアの薬剤師求人に応募して働き始めた話

身体に合わない夜勤の仕事

大きな病院の薬剤師として働いていたのですが、日勤のみと思っていたのに何故か、夜勤をするようになっていました。
薬剤師不足なので頼むよと言われたので、断れなかったのも理由の一つです。
夜勤は私の身体に合わなかったのか、体重がどんどん増えてしまったため、両親に心配されたのでその病院を辞めることにしました。
数ヶ月ほど身体を休めていたおかげか、体重は以前と同じくらいに戻ったので、次の仕事を探すことにしました。
新聞の折込チラシに、求人広告がないかなと思って見てみると、ドラッグストアの広告が入っていました。
広告内に好物の珈琲が出ていないか確認をしていると、チラシの隅に薬剤師募集という書き込みがありました。
給料も悪くなく日勤のみだったため、掲載されている電話番号に連絡を入れて募集に応募してみました。
面接に行き面接官に履歴書を提出すると、私が大きな病院で働いていたことにひどく驚いていました。
給料も悪くなかったでしょうに、なぜ辞めたのですかと聞かれたので、夜勤をするようになったら体重が一気に増えたのが理由ですと答えました。
夜勤が合わなかったんですねと面接官は頷いていました。

身体に合わない夜勤の仕事ドラッグストアの仕事は覚えることが満載!意外と働きやすいドラッグストア